県アマ出場に思う 「緊張」   

本題に入る前に、今朝の GJ の心理学の先生のお話。
聞けなかった方は、 ↓ ココ をクリックしてちょ。
 GJホームページの10月31日のブログ 

日本の風土(?)として、緊張した場面などで笑ってると、かえって誰かの逆鱗にふれてしまったりすることがありますよね。
例えばスポーツ、ミスしたあとに笑ってると真面目さが足りないとたしなめられたり・・・。


えっと、あ~~、、、先生のお話を否定してるんじゃなくって・・・(;´д`)


たしか、前回夏のオリンピック前後からだったと思うんだけど、アニマル浜口さんが

「気合だー!、気合だー!気合だー!」

から

「わっはっは~、わっはっは~、わっはっは~。」

に変えましたよね。
ナゼ変えたのかって説明を娘の京子さんがしてたんですが、上手く文章にできないので割愛させていただきますm(__)m

これって心理学的にも理にかなってるってことなんですね。(よね?)


いや、なんで「わっはっは~。」が記憶に刻みこまれてるかっていうと・・・、まあ私の能書きはどうでもいいや。



先生がおっしゃっている意味とは全く違いますが、
「笑うかどには福来る」 もしくは 「顔で笑って心で泣いて」 ということで。

イロンナ意味で、「笑う」って大切なことなんですね。







前置き長すぎですね(-_-;)
ここからは、自分の備忘録です。
お暇な方だけどうぞ(^-^ゞ






では本題の「県アマに出場して【緊張】したのか?」について。
答えは 「否」 でしたね。

第一戦も決勝も心臓がドキドキすることはありませんでした。
良くも悪くもゴルフの内容はいつもどおり。 ← 成長しない予感がぷんぷんします。

私にとって一番勇気を必要としたのは、「申込書」を書くこと。

競技にちょっとだけ興味あり。
だけど、、、
『出来ない(出ない)言い訳はいっぱい言えるけど、出来る方法(出ること)は極力考えない。』ようにする。
そんな日々を何年も過ごしてしいました。


では、何故今回申し込んだか、、、ひとことで言えば、 「勢い」。


何故に『県アマ』を選んだのか。
これは簡単明瞭、出場資格が中学生以上だから。
*県アマは、ハンデ等の制限がありません。


何故緊張しなかったのか?
思い当たる節がいくつかあるけど、

代表格は、「心臓に毛が生えてる」
もしくは、「怖いものしらず」
ひょっとすると「鈍感」?


う~ん、感情を捨ててたというか、押さえ込んでたというか。。。


・・・


あれ?全然自己分析できてないや(;´д`)



変な緊張とういか必要のないプライドが顔を出したホールはありました。
第一戦のとき。
どこかのパー3で、「グリーンに乗ったら次の組を打たせるように」、と競技委員から指示がでました。
次の組がティーショット打ち終わって、自分達の組のパッティング。

短いパー3だったので、あっという間に後ろの組がグリーン周りに来て、グリーン上に視線を向けてる。

パターが下手な私は、後ろの組の子に『下手くそが競技に出てんじゃねーよ!』と思われるのがやだなという思いが先行して、ラインも距離も何てことはなかったのに、3パットのボギー。

ここまでのホールで、後ろの組上手いなぁと思ってました。
後ろの組の子のうちの2人は、見るからに雰囲気が違う。(←オーラってほどじゃないんだけど、何かがちがうんよね。)実際、第一戦 1人は1オーバーでぶっちぎりのトップ、少くとも私とはゴルフが違うんですよね。
(だからと言って、自分のゴルフを諦めたりはしてませんので念のため。)
あとから聞いたら、研修生(プロ宣言していないので出場資格あり)と、ジュニア上がりでプロの1歩手前の子でした。結果は、この組のうちの2人が優勝・準優勝でした。


でもね、その子達にしてみれば、私なんてアウトオブ眼中なわけで、、、。
というか、次の自分のパットのライン読みとかをたぶんしてたわけで、、、。
勝手に妄想した私の1人よがりなわけで・・・。
すんごい自意識過剰です(´・ω・`)ショボーン

変なプライドが残ってるということを自覚できたのは収穫でした。


中途半端な結論ですが、「緊張」編はここまで。

次回に続く。
[PR]

by kari-n-to | 2009-10-31 16:12 | ラウンド

<< 県アマ出場に思う 「楽しい」 県アマ出場に思う 「緊張」 >>