県アマ出場に思う 「苦しい」   

3.「苦しかったか?」と問われれば・・・、 一瞬 yes


決勝の出だし4ホール目13番パー4。
ドライバーナイスナイス。
2打目はピンまで160yくらい。

私が想定していたのは、
①FWが上手く打てたら、グリーン周りのアプで3オン2パットのボギー、あわよくば寄せ1のパー。
②FWチョイミスで、100y~120yくらい前に進んでアプ後、2パットのボギー、3パットならダボ。
③FWチョロったら、よくてボギー悪くてもダボ。(最悪トリもありか?)

って感じでした。


私にはランを含めてもFWで160y飛ばせる飛距離も技術もないんですよ、てか練習場でもコースでも経験したことがない。
なのに、ナゼか2オンしてしまった。しかも、ピンを大オーバー。(ピンは縦長グリーンの手前でした。)
トップしてライナー性の当たりだったけど、あんなに飛んだのははじめて。

(残り距離は、自分でヤーデージ杭見て、さらにキャディーさんに聞いたので、ほぼ間違いないと思います。
クラブの選択ミスでもありません。)


ミスショットかもしれないけど、乗ったんだから結果オーライじゃん。
と言いたいところだけど、グリーンに行ってびっくり。
すんごいや~なラインのところに私の球は止まってました。
どんくらいいや~なラインかって言うと、ハウスキャディー暦20年以上のキャディーさんが、「難しいところついちゃいましたね。」と言っちゃうくらい。
この時点で、私はあわよくば2パットでラッキーパー、3パットのボギーでよし!と頭を切り替え。



でもね、でもね、ここ4パットしちゃったんですよ_| ̄|〇




私ね、できるだけ『淡々』とプレーしようと心がけてるんですね。(出来てるかどうかは別問題)
そりゃー、バーディーきたら嬉しくて「やったー!」って言うし、いっぱい叩いたら「あ~あ。」と思っちゃう。


もちろん、今まで4パット・5パットなんてことも何度もやらかしてます。


私の中では、ダボは想定内。
結果(スコア)だけみれば、自分的には許容範囲。



でも、でも、3オン3パットのダボ より 4オン2パットのダボより 5オン1パットのダボより・・・


なんとも言えない感情に襲われました。
競技の時の4パットって苦しいですね。
苦しいというか、恐怖心?なのかな?、はじめて味わう感覚。
そして、あとまで引きずる。
気持ちの切りかえするのに苦労しました。


ということで、結論は
●パットは大事ってことと、
●経験したことのないことを想像してゴルフをするのは難しいってこと。

かりんとは経験値が1つ上がったのであった。










今日ね、ホームに行ったんです。

スコアは  41-47 88点(36パット)
頑張りました。つーか、前半は出来すぎ。

でね、今日ね、途中からよくわかんないけど、これまた変な感覚にとらわれたんですよ。
あれ~、何?
私ってばひょっとして県アマ出て1皮むけた?
とか
ひょっとして達観しちゃった?
とか
思うくらい。
そんでね、ゴルフがすっげー「楽」でした。

ラウンド終わっても理由わからず・・・。

帰って、スコアカードをじーっと見つめてたら・・・

ダンナがひとこと
「あんたすげーな。今日、FK率100%じゃん!」


???



えっ???


自分でスコアカードをもう1度見てみる。


あらホント、FK14/14
加えて、パー3のみのGIRは3/4

ようするに今日のティーショットのミスは1ホールだけ。

普段、ラフに入れるとそれだけで、ほぼ1ペナと思ってる私(結果もそんな感じ)。
なので、ティーショット成功するとそのあとが随分と 「楽」 と感じるわけですわ。


「ふ~ん、ティーショットがそんだけよくてそのスコアなんだ。」 なんて言わないの♪

まぐれでも何でもいいのだ。
やっぱ、フェアウエイに置くと飛距離のない私には楽なのだ~(*^^)v
そして、今日はドライバー絶好調でした(≧▽≦)
[PR]

by kari-n-to | 2009-11-05 17:33 | ゴルフ

<< きっと明日には見られないでしょう 嬉しい1日 >>